1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 車検で最低限見積もっておきたい費用とは?
お役立ち情報

車検で最低限見積もっておきたい費用とは?

2019年2月20日
車検で最低限見積もっておきたい費用とは?

数年おきに必ずやってくる車検ですが、車に乗り続ける限り必要となるため、検査の費用を負担に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は車検の費用について、軽自動車や普通自動車など車種によって違いがあるのか、ユーザー車検の場合は費用が安く抑えられるのかなど、車検の費用に重点をおいてご説明いたします。

近くの店舗料金を調べる

1.軽自動車の車検にかかる法定費用

車検の際に発生する法律で定められた費用のことを法定費用といいます。法律で決められている費用ですので、基本的にどこで車検をしても同じ金額がかかります。軽自動車の場合の法定費用には以下の3項目が含まれます。

自動車重量税

その名の通り、車の重量によって定められている税金です。軽自動車の場合には車の重量にかかわらず金額は決められています。しかし、具体的には登録年数やエコカーか否か等によって、免税となる0円〜最大で8,800円で金額が変動します。

自賠責保険

自賠責保険とは「自動車損害賠償責任保険」の略称です。公道を走る車は加入が必須となる保険で、仮に加入しない状態で公道を走ってしまうと、1年以下の懲役または50万円以下の罰金、そして免許停止処分となってしまいます。保険料は24ヶ月で21,000円前後です。

検査印紙代

車検証発行の手数料などを印紙代で支払うためのものです。指定工場か認証工場かによって金額が異なり、指定工場の場合1,100円で認証工場の場合ですと1,400円となります。

2.普通自動車の車検にかかる法定費用

普通自動車の場合、軽自動車に比べて車検の法定費用は若干ではありますが金額が上がります。法定費用に含まれる項目は軽自動車と同じ3項目となり、自賠責保険や検査印紙代はそこまで変わらないものの、自動車重量税に関しては普通自動車の場合、軽自動車よりも車の重量が上がりますので金額に大きな違いが生まれます。

自動車重量税ですが、重量によって4つに分類されます。それぞれエコカーか否か、13年経過しているかなどによって金額が変動しますが、車両重量によって10,000〜50,000円となり、軽自動車に比べると最大で4万円近く高額になります。自賠責保険は軽自動車より若干金額が上がり、24ヶ月で25,000円前後となります。印紙代についても最大1,800円ですので普通自動車のほうがやや高額です。

近くの店舗を調べる

3.ユーザー車検は安い?

自分で車検を通すユーザー車検の場合、費用は安くなります。通常車検はディーラーなどに依頼して検査から整備まで一通りを行ってもらいますが、ユーザー車検の場合には点検や整備がないためその分費用が安くなるというわけです。

費用が安くなるというのは大きなメリットですが、点検や整備をしないことに問題はないのか気になってしまうのではないでしょうか。こちらはユーザー車検と通常の車検を2年毎に交互に行うことで、トータルの費用を抑えつつ整備不良を防ぐことも可能です。

ただし、整備や点検の内容によっては定期的に行うだけでは危険な場合もありますので、こまめな点検によってカバーする必要があります。中には整備不良によって事故などに繋がる恐れもありますので、費用のことだけでなく安全面もしっかりと考えなければなりません。

4.どこで車検を受けるのが1番安い?

ディーラーを筆頭に車検を行う工場や業者は数多く存在しており、車検をどこで受けるべきかと考えた場合、費用面だけで決めるのであればユーザー車検が1番です。先述の通り、点検や整備の費用がかからない分安くなるからです。

点検などもした上で安く済ませる場合には、整備工場やガソリンスタンド、大手カー用品店になります。指定整備工場かどうかなど店舗により異なる場合があるので注意が必要です。費用は度外視で安心したいということであればディーラーになります。リコール部品の交換が可能など、ディーラーならではのサービスが存在します。

5.まとめ

車検の際、必ず法定費用というものが発生します。法定費用には車の重量によって金額が変動する車両重量税、万が一賠償責任が発生するような事故を起こした場合に被害者を補償するための自賠責保険、車検証の発行手数料などが含まれる検査印紙代の3つの項目が含まれており、車検の依頼先によって金額が変わることはありません。

法定費用は軽自動車の場合と普通自動車の場合で金額が異なります。理由としては、車両の重量が異なることや自賠責保険の保険料も普通自動車のほうが高額であることなど、いくつかあります。

ユーザー車検であれば安く済ませることができますが、通常の車検に含まれる車の点検や整備が含まれないため、2年毎に通常の車検に出すことでカバーできるものの、検査という意味ではやや不安が残ります。車検の依頼先にはいくつかの種類がありますが、費用を少しでも安く済ませるのであればユーザー車検、費用よりも安全を重視する場合にはディーラーに依頼するのが一般的です。

費用を抑えることに重点を置きすぎてしまい、安全面を疎かにすることのないよう、ご自身の経済状況と安全面を総合的に判断することが大切です。

イエローハットの車検

イエローハットの指定工場が全国に161店舗。指定工場なら、土日も車検が受けられるから、平日は仕事や習い事などで時間の無いというお客様でも大丈夫。また、大型カー用品店ならでは、部品の種類や金額を豊富に揃えているため、車検費用を少しでも抑えたいというお客様にはおススメです。また、日常的に車を使用されているかたには嬉しい、全店舗で代車が無料!代車の貸し出しをしていても、レンタカーや費用が発生してしまうという車検受付店も少くないため、車検を受けると費用がかさむ。。なんて心配も無用です。

さらに、車の健康状態を100項目から判断し、今後2年間安全に車に乗っていただけるようアドバイスも行っています。また、各店舗でWEB予約割引や各種キャンペーンも行っていますので、ぜひこの機会にイエローハットの車検見積りをご予約下さい。

近くの店舗料金を調べる
電話で問い合わせる