1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. レクサスユーザーが押さえておくべき、車検のポイント
お役立ち情報

レクサスユーザーが押さえておくべき、車検のポイント

2019年2月20日
レクサスユーザーが押さえておくべき、車検のポイント

アメリカで生まれたトヨタ系列の高級車であるレクサスは、今では認知度も上がり、憧れの車の一つです。そんなレクサスを購入するときに気にしなければならないのが車検のこと。今回はレクサスの平均的な車検の内訳や車検の流れ、さらに少しでも車検費用が安くなるためのコツをご紹介します。

近くの店舗料金を調べる

1.レクサスの車検を受ける場所は?

レクサスの車検は、ディーラーはもちろんのこと、大手カー用品販売店や民間の整備工場でも受けることができます。車検を受ける場所によっては整備内容や整備される箇所が変わるため、車検費用が変わることもあります。なるべく車検を安く済ませたい方はしっかり下調べをおこなってから車検を受けるようにしましょう。

2.レクサスの車検費用内訳

車検にかかる費用は「車検基本料金」と「法定費用」と「点検整備料」の3つがあります。法定費用は国に納める費用のため基本的にどこの整備工場に行っても金額が変わることはありません。しかし点検整備料と車検基本料金は車検を受ける店舗により異なってくるため、レクサスの車検が高くなってしまう原因のひとつです。

今回は「レクサス・LS」の車検費用を参考にして説明していきます。まず法定費用は61,740円です。ディーラーに車検を行ってもらうと、車検基本料金が59,000円となり整備費用が52,000円と割高です。その代わりに点検と部品の交換を丁寧にしてもらえるといった利点があり、事故や車の故障が起こりにくくなります。

一方で整備工場では車検基本料金が10,000~20,000円となり、整備費用も20,000~30,000円と金額に幅はありますが、ディーラーでの車検に比べるとおよそ50,000円以上安くなることが分かります。

3.レクサスの車検の流れ

レクサスの車検の流れはおおまかに次の通りです。

1.入庫
2.エンジンルームの点検整備
3.室内操作系の点検整備
4.足回りの点検整備
5.下回りの点検整備
6.ボディの点検整備
7.灯火類の点検整備

この点検をさらに細かく設定された項目でおこないます。このときに交換する部品によって車検の費用が変わってしまうので注意が必要です。部品の損傷が激しい場合や、汚れがひどい場合、年季の入ったものは交換となります。ディーラーでの車検整備だと消耗が早い部品が多いため、安全面に考慮して積極的に交換がおこなわれます。

近くの店舗を調べる

4.レクサスの車検は見積もりを取ってから

ディーラーや整備工場によってレクサスの車検費用は大きく変わってしまいます。整備工場のなかでも民間の工場と、大手カー用品販売店・車検専門店によっても車検費用は変わってしまうため下調べは大切です。

車検予算よりも金額が高くならないためにしなければならないのが、あらかじめ複数の工場から見積もりを出してもらうことです。無料で見積もりを作ってもらい、その中で安さや柔軟な対応ができる車検先を見つけることが大切です。

比較的に安くしてもらえる整備工場の特徴を下記にまとめました。

・レクサスの点検や整備実績が豊富にある
・部品を新品のものだけでなくリビルト品などの交換に対応できる
・相談しながら必要なメンテナンスだけの車検を受けられる

レクサスの車検には整備実績が豊富にあり、経験を積んだプロに任せることをオススメします。外国車なので国産車とは違い、点検をする箇所やしなくても大丈夫な箇所、他にもすべての部品を交換しなくても良い場合もあります。これは経験を積んだプロにしか分からないことなので、整備実績がある工場での車検が望ましいです。

また、外国車だと部品が輸入品のものもあり部品代が高くなってしまうケースがあります。そのため、すべて新品の部品に交換する整備工場よりもリビルト品など柔軟に変更できる工場を選びましょう。

車検費用だけでなくどういった点検を行いたいかというのも大切な部分です。例えば遠方にいくため念入りに車検をしてもらいたいのであれば、費用よりも丁寧さを重視するディーラーを選択し、乗る機会が少なめで部品の交換が不要なのであればメンテナンスを重要視してもらえる「予防整備」ができるような整備工場に頼むことが大切です。

5.まとめ

他の外国車と比べてレクサスの費用が高くなってしまうのは、交換する部品や整備工場によって大きな金額の幅があるからです。レクサスに乗る頻度や車検費用によって車検をまずは見積もりしてもらい、適した整備方法を選択しましょう。

レクサスだけではなく外国車は故障するリスクよりも、実際に故障したときにかかる修理代が車検以上に高くなります。高価な部品を車検予算の都合上交換を後回しにした結果、故障したあとに数十万円もの修理代が必要になるといったケースは珍しくありません。

このような事態を避けるためにも整備が必要な部分をしっかり認識し、予算に合った車検内容を見積もってくれる整備工場を選ぶようにしましょう。整備を重要視するべきなのか金額を安くすることが大切なのかを明確にし、複数の整備工場で見積もりをもらうことが大切です。

イエローハットで車検の事前見積り予約

全国のイエローハットの店舗では、事前の車検見積り予約を受け付けています。
車検見積りは全て無料で、コールセンターにお電話いただければ工場の空き状況も確認する事ができます。また、車検費用を少しでも安く抑えたいという方には、豊富な在庫システムからお客様の予算に合わせた部品をご提案いたします。

一般の方には、車検の見積り書を見ても必要な整備か、必要な部品交換か、など判断し辛いと思いますが、イエローハットの車検担当者はお客様の許可なしに過剰整備や部品交換は致しません。全てお客様と相談のうえ、見積りを作成するため安心して任せる事ができます。ぜひ、イエローハットの車検見積りをWEB予約でお得に試してみてください

近くの店舗料金を調べる
電話で問い合わせる