ホーム > お役立ち情報 > フォルクスワーゲンの車検費用を抑えるための4つのポイント
お役立ち情報

フォルクスワーゲンの車検費用を抑えるための4つのポイント

2019年2月20日
フォルクスワーゲンの車検費用を抑えるための4つのポイント

フォルクスワーゲンの車を買ってあっという間に車検の時期が近づき、費用に悩んでいませんか。正規ディーラーの車検費用が高くて、という方にぜひとも知っておいて欲しい4つのポイントがあります。

そこでこの記事では、車検の際に知っておいてほしいポイントについてご説明します。フォルクスワーゲンに乗っている方や、これから購入を考えていらっしゃる方に参考となる記事となっています。

近くの店舗料金を調べる

1.フォルクスワーゲンの車検を受ける場所は?

フォルクスワーゲンの車検を受ける場所は、正規ディーラーという方も多いかもしれません。他の車種にも言えることですが、正規ディーラーで車検を受けるとどうしても車検費用は高くなってしまいます。

車検費用の見積もりをフォルクスワーゲンの正規ディーラーに依頼したところ、非常に高い請求をされたというお話を聞いたことがあります。しかし、フォルクスワーゲンの車検は、正規ディーラー以外の場所でも受けることが可能です。

例えば、大手カーショップはもちろん、ガソリンスタンドや、地域の民間車検会社などです。フォルクスワーゲンはドイツ車ですので、地域の個人で経営されているような民間車検会社では、対応していないこともあるため、事前に確認が必要です。ワーゲンを中古で購入した方であれば、購入した中古カーショップに車検を依頼するのもいいでしょう。このように、ワーゲンの車検を受ける場所は、正規ディーラー以外にもたくさんあります。

正規ディーラーでの車検費用は高くなってしまうケースもあるため、車検費用を抑えたい方は、大手カーショップやガソリンスタンドなどで車検を受ける事をお勧めいたします。

2.フォルクスワーゲンの車検費用内訳

フォルクスワーゲンの車検費用の内訳は、法定費用と点検料、そして車によって変動する整備費用となります。整備費用の中には、劣化や安全性に問題があると判断された部品の交換費用も含まれており、車の年式や走行距離によって大きく金額が変動する可能性があります。

外国車のほとんどが、部品を生産国から輸入するため国産車よりも部品代金が高くなってしまう傾向があります。

車検整備でよく交換される部品の代表としてあげられるが「ブレーキパッド」、「ブレーキオイル」です。

高速で走る車だからこそ【止まる】という動作が大事となり、未然に事故を防ぐ事ができます。そのためにも、車検のタイミングではほとんどの車で「ブレーキ」回りの部品交換が発生するようです。

もう一つよく交換される部品が「クーラント」と呼ばれるエンジンの冷却液です。稼働中のエンジンはとても高熱になり放っておくと不具合が発生する可能性があるため、エンジン回りの部品を冷却し正常動作を支える「クーラント」という冷却液も2年に1度交換する事をメーカーから推奨されており、車検のタイミングで交換する事が多い箇所の一つです。

車検費用の中には、税金や自賠責等の国に支払う費用と各店舗によって異なってくる点検料、さらに車の状態によって異なってくる整備費用の3つがあります。店舗によって変わる費用の部分が、車検費用の総額にも影響してきますので、事前に見積り比較しておくと良いでしょう。

近くの店舗を調べる

3.フォルクスワーゲンの車検の流れ

まずはフォルクスワーゲンの車検において準備すべきものがあります。

準備すべき書類は、車検証、印鑑、自動車税証明書、自動車損害賠償責任保険証明書が必要です。車検費用も事前に準備しておきましょう。また、費用に関しては事前見積もりで把握しておきましょう。車検のタイミングで任意保険を見直す方もいらっしゃるので、任意保険証を持参してみてはいかがでしょうか。

支払い方法は、各店舗により現金やクレジットカード、またローンなど様々となります。事前の見積りである程度の車検費用を確認する事ができるため、一緒に支払い方法についても確認しておくといいでしょう。

また、車検を受ける車を通勤や通学などで日常的に使用している場合、一時的とはいえ「車がないと困る」という方もいるでしょう。ほとんどの車検工場では、代車を借りる事ができます。代車の料金については、車検費用に含まれている場合とそうでない場合があるため、お見積りや車検予約の際に、代車の空き状況と合わせて確認しておきましょう。

4.フォルクスワーゲンの車検は見積もりを取ってから

フォルクスワーゲンの車検を予約する前に、しかりと見積りをとってから予約をしましょう。見積りの際に、普段気になっている箇所も相談してみるといいと思います。きちんとした整備士であれば、相談に乗ってくれて車検を受けた後の整備スケジュールなどを一緒に計画してくれます。

金額だけで決めるのではなく、整備士さんの対応にも注意して車検を受けるベストな工場を選んでください。

5.まとめ

比較的、正規ディーラー店は一般の車検工場よりも車検費用が高いと言われています。それは、車検の点検項目や早めの部品交換をするなど、車を安全に乗ってもらうための予防処置ですが、数年経過した車にそこまで費用は…という場合には、ぜひ大型カーショップなど別の場所でも見積りをとってみましょう。きっと、満足できる車検場所がみつかると思います。

イエローハットで車検の事前見積り予約

全国のイエローハットの店舗では、事前の車検見積り予約を受け付けています。
車検見積りは全て無料で、コールセンターにお電話いただければ工場の空き状況も確認する事ができます。また、車検費用を少しでも安く抑えたいという方には、豊富な在庫システムからお客様の予算に合わせた部品をご提案いたします。

一般の方には、車検の見積り書を見ても必要な整備か、必要な部品交換か、など判断し辛いと思いますが、イエローハットの車検担当者はお客様の許可なしに過剰整備や部品交換は致しません。全てお客様と相談のうえ、見積りを作成するため安心して任せる事ができます。ぜひ、イエローハットの車検見積りをWEB予約でお得に試してみてください

近くの店舗料金を調べる
電話で問い合わせる